恵方参り

 

恵方参りとは?

初詣に行く際に縁起の良い方角「恵方」があるというのは知っていましたか?

恵方とは、陰陽道の考え方でその年開運を司るとされている歳徳神(としとくじん)がいるとされている方角です。その年一年、天のパワーを頂ける方位とされていて、訪れるとチャンスを手にすることができるそうです。

恵方参りをすると

  1. 変化の中でふさわしい判断力がつく
  2. 多くのチャンスを見逃さない
  3. チャンスに乗る勇気がつく
  4. チャンスをつかんだら、適切な判断、決断力がつく

恵方参りの仕方

朝寝て起きた場所を拠点に考えて、恵方(2016年の場合は南南東)の方角を地図で見ます。

自宅から750メートル以上離れた場所にある寺社を訪れましょう。

今はスマホのコンパスもあるので、使うと便利ですね。

ポーズは?

左のお釈迦様と同じです!(右手で天を、左手で地を)

挨拶をして、
右手人差し指で上(天)を指し
左手人差し指で下(地)を指します
天と地と自分をつなぐイメージをもって。

お願い事は?

名前と住所を名乗り、お願い事を詳しく一つだけしてください。

いつ?

「立春(2月4日)」「春分」「夏至」「秋分」「冬至」「日盤切替」などの節目節目にその年の方角へ恵方参りに訪れるとより開運につながるとされています。 

2017年の恵方は北北西です。

どこへ?

お寺、神社、教会などがオススメです。(お墓、お稲荷さんはNG!)

 

      オススメのサイト